本文へスキップ

MIKINOKAIは安全で体に良い食材の紹介とご相談をお受けしております。
樹の会


電話でのお問い合わせは042-426-9261


メールでのお問い合わせはこちら

塩糀  醤油糀

まずは、手造り糀蓋で造る「塩糀」のご紹介から
 発酵した酵素が素材の味を引き立てます。
  
発酵の力で素材を美味しく熟成します。
  油脂を使わなくても、深い味わいになります

  
糀は糀専門店で作る 手 造 り 糀 蓋 使用
 
杉の木で枠の浅い木箱を作り、蒸した国産米を薄く敷き、糀菌をふりかけて
 11枚丁重に仕上げていきます

 「塩糀のの材料」     

 糀・・・・・・・・200
 海水天日塩・・・・・50g  
 水・・・・・・・・200t

準備する備品500g入るタッパなどの蓋つき容器


                   作り方 
 1、糀に傷をつけるように海水天日塩とよくかき混ぜる。
  (塩糀セットは容器に移すだけです。)

 
2、水を注ぎよくかき混ぜます。 
  (翌日糀が水分を含んで水位がさがります。)
  
 3、毎日1回混ぜ合わせます。 

  (均一に発酵させるためですが、混ぜすぎに気を付けましょう)
  
 4、約10日から14日で完成します。
  
(室温が20度以下ですと発酵が遅くなります。 20度から25度が発酵に適した室温です。)   
 5、糀が柔らかくなり、ほんのり甘い香りがしてきたら完成です。  
 6、そのまま冷蔵庫で保管してください。 (3カ月は保存可能です。)
 
 
塩と同じように使えますが、旨味が加わります。
  酵素成分がたんぱく質を分解して、お肉など柔らかく仕上がります。
  野菜には、ドレッシングや浅漬けの元としてご利用下さい。


糀に含まれる栄養成分 
  
 
ビタミンB1・エネルギー生産を助けて疲労回復・イライラを抑制・糖の分解を助ける
 ビタミンB2・肌の新陳代謝を助ける ・皮脂をコントロール・口内炎予防
 ビタミンB6・免疫力を高める・動脈硬化の予防・たんぱく質の分解・神経細胞の興奮を抑える
 ビタミンH ・脱毛 白髪を緩和
 
パントテン酸・ストレスに強くなる・化学
 必須アミノ酸
脂肪を分解し、血液をサラサラにする





 


このページの先頭

ナビゲーション