本文へスキップ

MIKINOKAIは安全で体に良い食材の紹介とご相談をお受けしております。
樹の会


電話でのお問い合わせは042-426-9261


メールでのお問い合わせはこちら

島きびこ・島ざらめ 《奄美諸島からやってきました》


  三木療法実践中や血糖値の高い方、糖尿病の方には、お砂糖は
厳禁です。

育ち盛りの子ども達のために探してきた天然のお砂糖です。
ミネラルたっぷりのからだに良くておいしいお砂糖を!


島きびこ350g 400円
奄美諸島のさとうきびから採取してます。
ミネラルは白砂糖の75倍
カルシウム・カリウム・ナトリウム
鉄分・ビタミンB1・B2
 を含んだ
身体にやさしいアルカリ性調味料に仕上げました。


自然のものは身体に安心ですね

島ざらめ350g 450円
 Q:白砂糖との
   違いは何??

白砂糖はさとうきびやさとう大根から作られています。
あらう→溶かす→煮詰める→結晶化させる 
この時に本来からだに必要なミネラル成分は
ほとんど除去されてしまいます。

島きびこ・島ざらめはさとうきび一番搾りの一番蜜だから
ミネラルそのまま、おいしさそのまま、
からだにやさしいお砂糖なのです。
 Q:三温糖とは
   どお違うの?
三温糖は砂糖の精糖工程で上白糖やグラニュー糖を
取り出して残った糖液をさらに煮詰めます。
この工程を5~6回繰り返すと糖液が茶色くなります。
その糖液からできるのが三温糖です。
これはカラメルソースが褐色になるのと同じ原理で、
黒砂糖とは異なります。
黒糖の作用:血液中のコレステロールや中性脂肪の低下作用。

これは琉球大学の尚弘子教授らのネズミを使っての研究で、黒糖に含まれるワックス
成分の効用といわれます。ワックス成分とは、さとうきびの茎の表皮についている
植物を保護する脂質成分のこと。

高分子物質でコレステロール低下作用のそのメカニズムはまだ完全には解明されて
いませんが、血清や肝臓のコレステロールだけでなく、中性脂肪の増加も抑制する
という結果が発表され、話題を呼んでいます。

精製砂糖は精製過程でこの大切な要素が「不純物」として取り除かれてしまいます。

黒糖は天然成分そのままに「生物活性化の効用成分」が含まれています。

 
 砂糖の歴史 黒砂糖製造の始まりは、奄美大島で元禄年間、
第5代将軍徳川綱吉の時代だそうです。
砂糖は高値で輸入されていたので、
サトウキビの栽培を推奨し、
砂糖の国産化に力を入れたようです。

しかし、一般庶民は、柿・栗・サツマイモ
といったものから甘味をとっており、
砂糖が普及するようになったのは、
明治時代になってからのようです。

「パワーソイミルク」ハワイで人気の豆乳若葉  
準 備
パワーソイミルクの作り方 
(1杯分 100ml)

  • 豆乳100ml(成分無調整の豆乳)
  • 有気っ子若葉スティック1本(3g)
  • 島きびこ(黒糖)小さじ1杯弱
作り方
  1. 若葉粉末と島きびこをよく混ぜ合わせる ← 豆乳を入れる前に混ぜるがポイント
  2. 1.に豆乳を少しずつ加え、若葉ときびこをよく溶かす。
出来上がり
おいしい~
  
 冬のおすすめ
  ジンジャーティ : 
島きびこを使った冬に温まる生姜紅茶の入れ方
              (マグカップ2杯分)
  1. 生姜ひとかけを千切りにして、カップ2杯分の水にさらす。
  2. ①を沸騰させ、紅茶のティーバックを入れる。
  3. ②をこして、カップ1杯につき、ティースプーン1杯の島きびこを入れてお飲みください。
  
 ブドウ糖は脳の活動を維持するのに重要な栄養素です。黒糖に含まれるブドウ糖は消化、吸収が早く、脳にすばやくエネルギーを送る即効性の栄養素です。
 
 ミネラルの削られた白砂糖よりも、天然塩と同様に、ミネラルをたっぷり含んだ
お砂糖は、より身体にやさしく、心にもやさしいから、皆様にお薦めします。

Homeへもどる  ご意見・ご質問は樹の会 info@mikinokai.heavy.jp


ナビゲーション