本文へスキップ

MIKINOKAIは安全で体に良い食材の紹介とご相談をお受けしております。
樹の会


電話でのお問い合わせは042-426-9261


メールでのお問い合わせはこちら

健康 いろいろQ&A  

よくあるご質問
お塩について 食事について 糖分について 運動について 石鹸について

高血圧です。塩分は特に控え目に!と言われていますが、天日塩ならお塩はどのくらい摂ってもいいのでしょうか?

三木先生の見解
 
流体力学では、血液の量・血液のねばっこさ・血管抵抗力
の3要素で血圧というのが決まる。

確かに血液量がふえて血圧があがることがあるのよ。
 
しかしやね、それよりも血液がサラサラになること、
そして塩分不足でレニンーアンキオテンシン系というのが働かなくなって、
血管の緊張が取れるこの方がもっと大切なんや。
 
その上、1万歩歩けば、毛細血管が開いてもっと血圧は下がるということや。

歩かなかったら血圧は上がりますがな。だから歩け歩けとぼくはいうわけ。

人間の身体というものはとてもよくできておるんよ。
塩分が足りなくなると一生懸命に腎臓を働かせて塩分をまた吸収しようとするわけだ。

するともっと血管を緊張させて血圧を何とか保とうとするの。

だからね、塩分を制限するということは、まったく意味がないどころか、
かえって有害なんよ。

塩は生物にとって必要量が定まっている。

人間が海から陸へ上陸した太古の海の塩分濃度は0.9%だった。

どんどん塩分濃度が濃くなっていく海に戻れない生物は陸上に定着した。

人間に必要な塩分は0.9%、人間の体の中は今でも太古の時代のまんまなんや。

そして、生き物の宝である塩を人間が変えてしまった。
天然の恵みから「塩化ナトリウムだけを取り出した」食塩を生みだした。

塩化ナトリウムだけの精製塩ではなく、母なる海からの授かりものである
「自然海塩100%」の塩をとらなければ、体の組織が弱ってしまうのだ。

ここ数年での研究では、約3人に1人は減塩で血圧がさがり、
3人に2人は減塩しても血圧は変わらないと発表されております。

加齢による血圧の上昇は、血管壁が歳とともに硬くなったり、筋肉が弱くなるので、
自然と血圧を上げて血流をよくしようと働いているのです。

血圧を下げると血のめぐりは悪くなります。
血流が悪くなると、酸素が行き渡らずに筋肉が酸欠状態となり、老廃物・疲労物資が留まり、肩こりや腰痛などの
痛みがしょうじたり、

血管が狭く、詰まりやすくなることが、
心筋梗塞や脳梗塞などの原因となることもあります。

また、頭部に血液が廻りにくくなることで、
自律神経のバランスが崩れてしまう事もあり、
女性の場合は、生理痛や月経前症候群、子宮内膜症につながる場合もあります。

もちろん、高血圧は怖い症状ですから治療が必要です。

そして、なにより、食塩と言われる塩化ナトリウム99%以上の塩は、
「イオン交換膜法」という精製法で作られた化学物質とも言えるのでは・・・・・・

この食塩は工業用として大半が消費されており、
工業用としては優れた塩なのですが、
食用としてはミネラルが取り除かれた塩化ナトリウムなのです。

 (平成28年度塩需給実績(財務省「食塩の取扱量」)      
(単位:千トン)
27年度 28年度 増減 前年比
A.需要量(消費量) 7,733 7,891 +158 +2.0%
生活用 166 164 -2 -1.2%
業務用 1,727 1,790 +63 +3.6%
ソーダ工業用 5,840 5,936 +97 +1.7
財務省資料での食塩消費量は、ソーダ工業用75.24%・食用24.76%       

食用24.76%=業務用22.68%+家庭用2.08%
となります。

ミネラル成分を夾雑物として取り除いた、ソーダ工業用の
高純度塩化ナトリウムが、

食卓塩、ソース、ケチャップ、マヨネーズなどの調味料や
あらゆる加工食品に使われています。
  
その昔は、島国である日本では海の栄養分であるミネラルを
含んだおいしい塩が作られていたのです。
では、海水天日塩ではどうでしょう。 
海水天日塩にはナトリウム以外

マグネシウム、カリウム、カルシウムなどのミネラル
が含まれます。
 
海水天日塩なら「美味しい食事」を安心してご提供する
お役に立てると信じてます。

塩水の濃さはどれくらいがいいのでしょうか?
 
人間の体液は0.9%の塩水です。その変分を塩水で補おうと考えてます。
まずは、ご自分にとって飲みやすい塩加減を調合してみてはいかがでしょうか。

 2リットルのペットボトルに小さじ1杯のお塩で約0.25%の塩水ができます。
「ちょっと飲みにくいな」と感じたら、薄めたり、濃くしたりして、
「塩水っておいしい!」と感じる濃さが適量かと思います。

スポーツドリンクから糖分や添加物を取り除いたのが、
天然塩水だと言えるかも!

M式療法の患者さん達には0.5%の塩水を飲むように指導されておりましたが、
食事制限や1日1万歩以上の歩行など考慮した診断結果により判断されておりました。
診断を受けてない方は薄めの「おいしい!」と感じる程度の塩水をお勧めします。

 ※お出かけのときも、ペットボトルに塩水を持ち歩くと便利です。

解説三木先生は健康体である体液の塩分0.9%を保つ事が健康維持に
   大切だと考えておられ、水分で0.4~0.5%、食事で0.4%~0.5%の
   塩分を補給で0.9%の体液を保つように指導されておりました。

 成人男性の体液
 体重の約60% 
細胞内液(約40%)    
 細胞外液(約20%)  (間質液約15% 血漿約5%)

   新生児 乳児(3カ月)  成人  高齢者
 全体液量 約 80%  約70%  約60%  約50%
 細胞内液  約40%  約40%  約40%  約30%
 細胞外液 約 40%  約30%  約20%  約20%

就寝前にも飲んだほうがいいのですか?
寝ている間も身体の中は血液が循環しています。
水分が不足すると血液濃度が濃くなり、血管がつまりやすくなったり足がつったりする原因になります。

特にご高齢の方は、就寝前に水分をとるとトイレに起きて
寝られなくなるから・・・
と控えがちですが、塩水は体内のミネラルバランスを正常に保つように働くので、
「かえって熟睡できるようになった」という声がたくさん聞かれています。

ご高齢の方には、ぜひ就寝前にコップ1杯の塩水をとってほしいと思います。

「脳梗塞は夜中から早朝、心筋梗塞は早朝から昼」に発生率が高いのは、
水分不足により濃くなった血液にも問題があります。

焼塩(DRY)と普通のお塩はどのように使い分けるのですか?
焼塩はサラサラですので、食材にふりかけてお使いいただくのに便利です。
並塩(生)は苦汁成分を含んでいますので湿り気がありますが、
塩角をとり、まろやかさを引きだします。
焼魚にお使いいただくと、浸透圧の関係で塩のミネラル成分が
魚の中までいきわたり、魚本来のうまみを引き出します。

あるお年寄りはこれを幻の塩と評価され、今でも幻塩とご注文いただいております。

なぜ塩水なのですか?
塩分を含んだ水は体内に長く留まり、塩分が薄くなった水が
有害な毒素を引き連れて汗や尿として排泄されます。
 
塩を含んだ水をたっぷりとれば、そでだけ体内に残留する水が増えます。
 
塩分はまた、内臓器官のすみずみまで及びそれらを丈夫にします。
 
塩分が体に行き渡っていれば、バイキンが入り込む余地がないのです。
 
きれいな水で消化された栄養物は、やがて水分たっぷりの血液となって
体内を流れていきます。
また、体液を0.9%の塩水に保つ役割もあります。
       
                           
>> ミネラル不足の弊害 
なぜ砂糖を減らせばよい理由

一般庶民がお砂糖を口に入れられるようになったのは明治に入ってからで、広く普及したのは、太平洋戦争が終わってから・・・・・

今では、何でもかんでもお砂糖が使われている。
 
甘いものが食べたいとの欲求がなくても
どんどん砂糖づけ
になっている。
 
ジューースなどの飲み物や味付けされた食料品、リンゴやミカン、イチゴなども
蜜入りのおいしい果物となっている。

 
意識してお砂糖を排除するということをやらないと
、どんどん勝手に体内に入って
体内バイキンの食糧大供給ということになってしまう。
 
お砂糖やその仲間たちをたくさん摂るようになってから病気が多くなった。
と、単純にそう考えるといろいろ見えてくる。
病気のモトは何かと言えば、それはバイキン。
 
バイキンはすでに体内に存在しているバイキンに元気になる食糧が
大量に入ってくるとみんな張り切って活動を開始します。
 
ガンでいえば、どんどんそんな食糧が供給され,
バイキンにより引き起こされた炎症がきっかけとなり、
正常細胞が癌化してどんどん大きくなります。
 
砂糖とその仲間がバイキンの元気のモトなんだから、彼らを消滅させないまでも、
静かに活動を制限させるために、食糧となる糖分を減らせばいいからです。

スパイスもくせ者
 
本来スパイスというものは、腸内殺菌をやっつけるためのもの、
野菜とか肉とか食材そのものが衛生的に作られていない場合、体内に入り、
腸内で消化されていく過程でバイキンをやっつけるための武器が
スパイスと言われるもの。
 
日本はもともとスパイスを必要としないほど、
昔から野菜やお米もきれいだったので、体内浄化を必要としなかった。

ゆえにスパイスの必要が無くて発達しなかった。
 
スパイスは日本人の体質に合わない。

お砂糖とスパイスの過剰注入が、日本人の病気を激増させた主犯と断定できる。

【食事編】
●なぜバターがいいのですか?
 糖質を控える食事をするとカロリー不足となりますので、
 カロリーを補うためにバターをお勧めしてます。
 バターはたんぱく質で油脂です。
 腸内で完全燃焼してエネルギーとなります。

 バターはあくまでご飯や糖分、アルコールを一切やめた方の
 エネルギーとして摂ることが目的です。

 バターも食べ、ご飯も食べ、糖分も・・・などと摂取すると、
 飽和脂肪酸となりコレステロールとして体内に蓄積されますので
 ご注意下さい。
 
 コレステロールの原因はでんぷんです。
 それを落としたければ、でんぷんと糖質を控える事で改善します。

●バターは乳製品ですが?
 前述したように、バターは乳脂肪のかたまりで、体内で他の物質に変化する
 ことがなく完全に燃焼してエネルギーとなります。
 
 乳製品の何がいけないかというと「
乳糖」です。
 
 日本人はこの「
乳糖」を分解する酵素を持っていない人も多く、
 牛乳を飲むとお腹の具合が悪くなる、という方などがそうです。

(離乳してから、乳糖を分解する酵素「ラクターゼ」が作られなくなり、
 症状がなくても成人における乳糖不耐症は、約75%との研究結果が
 発表されています。)

 市販のチーズ、ヨーグルト、その他の乳加工品はこの「
乳糖」が含まれて
 おりますのでお勧めしません。

●豆類がダメとなっていますが、味噌や、納豆などの加工食品は大丈夫ですか?
 自然発酵させて原料の大豆中の糖分が完全にアミノ酸に変わるっている
 味噌・納豆は大丈夫。
 特に、納豆では
自然発酵(ワラに包んで販売されている)
 商品がお勧めです。 
(一般の納豆などは遠赤の機械を利用して発酵させて
 いますので、完全にアミノ酸にはなっておりません。)
●玄米ごはんはダメなのでしょうか?
 玄米ご飯は白米に比べると栄養価はとても高いのですが、
 体内で
質となってしまいますのでお勧めしません。

●豆腐は食べてもいいでしょうか?
 豆腐は栄養価も高くたんぱく質も含まれますのでお勧めいたします。

●日本そばがダメで、なぜそうめんならいいのですか?
 小麦粉で作られたものは、穀類の中で比較的糖分が少ない。
 比較の問題ですから摂りすぎにはご注意下さい。
「そうめん」は醗酵ずみの「ひねもの」に限ります。
 銘柄は揖保乃糸がベストです。
 有名なMそうめんは糖分が含まれているので感心しません。
 そうめんのつゆに含まれる糖質にはご注意下さい。
 
 薄力粉にはでんぷん質が非常に多いので控えていただき、

 でんぷん質の少ない強力粉
を使用したものをお勧めします。
 すいとん・お好み焼きなど工夫して料理してください。

「食材の見解は、長年の治療から答えを導き出した結果です」
●スパゲティはいいと聞きましたが・・・デュラム粉は
 強力粉に属しグルテンが多く含まれており、血糖値が
 上がりにくいのです。


●肉や魚はどうでしょうか?
 牛肉、鶏肉それから鮮魚、貝類、えび、かに・・
 すべて大丈夫です。
 ただし、内臓類はお腹の中で腐敗するのでお控えください。

●ベーコン・ソーセージはどうでしょうか?
 ドイツ、イギリス、スイスといったところのコンビーフ、ローストハム、
 ベーコン、ソーセージなどは砂糖を使用していないので大丈夫。

 ただ、日本向けに砂糖を使用している商品もあるのでご注意下さい。
 
 日本でもヨーロッパなどで修行された方が開業しているお店では
 糖分を使用していない商品が販売されています。
 最近増えましたカロリーオフの商品も大丈夫です。

●卵はどうでしょうか?
 良質のたんぱく質ですが、食べすぎにはご注意ください。

●昼食が外食です。気をつけることは?
 外食ではサラダなど主としてお肉や魚をご注文されたらいかがでしょう。

●油はどうでしょうか?
 ベニ花油は体の中に入ってアミノ酸となり完全燃焼するので大丈夫。
 
 しそ油や亜麻仁油も大丈夫ですが、酸化しやすいので、
 熱しないドレッシングなどで、早めに食べてください。


 ベストは日本油脂が開発した「オリーブしそ油」
 αリノレン酸を含んだ酸化し難い油。、
 炒め物にも使えるし完全燃焼するので大丈夫。
(三木先生もこの油開発に参加してました)


 腸の中で完全に燃えないと腐敗するので他の油はお控えください。

●ほうれん草はなぜダメなのでしょうか?
  ほうれん草には、あくと呼ばれるシュウ酸やヒスタミンが含まれているので
 お勧めしません。

そのくらい歩けばよいのですか?
 目標1日1万歩。
 10分程度歩くと体の準備が整い有酸素運動の効果が
 現れてきます。
 それからが、体にとっていろいろな効果が生まれるので  +10分から20分歩く事をお勧めします。
 30分~40分 最低6000歩 
 目標1万歩として歩いてください。

 歩くとなると腰が重くなってしまいます。
 ご自身で歩くことの工夫を考えてください。

ケトン体
「ケトン体」はここ数年新しいエネルギーとしてやっと認められました。
 体に必要なエネルギー源として、ブドウ糖とケトン体があります。
 糖分は体内でブドウ糖となりふりグリコーゲンとして蓄えられ、
 インスリンの作用で脂肪として体内にため込みます。
 
 ケトン体は、脂肪を燃やして作り出されるエネルギーです。
 
 三木療法では、青菜と油を燃焼させて作り出しております。
 
 ケトン体を使う体質になると、糖尿病予防や改善、ガンの予防や改善、
 認知症予防、心臓の老化防止など様々な研究結果が報告されてます。
お嬢ちゃん石鹸について 

お嬢ちゃん石鹸は洗顔に使っても大丈夫ですか?
 はい、もちろん大丈夫です。マスカラやアイシャドーなど、
 落ちにくいものは専用のクレンジングを使い、きれいに落とした後、
 洗顔に使っていただくとその効果は抜群です。
 
 お嬢ちゃん石鹸だけでも、薄化粧くらいは簡単に落とせます。
 毛穴の中からきれいになりますし、洗い上がりがつっぱらず、
 美容院でもご愛用いただいております。
 
 アトピーなど、肌のトラブルの多い方々にも大変良い石鹸だと評判です。
 
 もちろん全身にお使いいただけます。
 肌にやさしい石鹸なので、赤ちゃんにもぜひお使いいただきたい石鹸です
。 
 >>お嬢ちゃん石鹸
  
樹の会健康アドバイスのページへ

トップページへもどる ご意見・ご質問は樹の会info@mikinokai.heavy.jp


ナビゲーション