本文へスキップ

MIKINOKAIは安全で体に良い食材の紹介とご相談をお受けしております。
樹の会


電話でのお問い合わせは042-426-9261


メールでのお問い合わせはこちら

オリーブしそ油

加熱が出来るα-リノレン食用油はこの商品だけ
やっとαリノレン酸が
認知されました。


健康を考えるなら
この油を食卓に!
永い間コツコツと販売してまいりましたが、
ここ数年「α−リノレン酸」が話題となり、
健康に良い油脂であることが認められ、
皆様からのご注文をたくさんいただけるようにりました。
今後もこの油のすばらしさを広めていきたいと
願っております。

  1.6リットル
 《α−リノレン酸・しそ油のパワー》
  
毎日の食生活の中に多く含まれる油脂、しそ油にはα−リノレン酸が豊富に含まれています。
 
 α−リノレン酸のパワーを実感して、これからの食生活に役立ててください。

 《そしてオレイン酸のオリーブオイルが加わった最強の油です》
>>油の基礎知識・働き
>>α−リノレン酸のパワー 
  なぜ、すごいの?
>>生活習慣病の陰には 
  「リノール酸」の影
食事 台所のサラダ油をしそ油に変えることは
 生活習慣病を予防し、記憶学習能力の向上に役立ちます

油の基礎知識油脂は含まれる「脂肪酸」の種類とその数で分類されます。

特  徴 主な脂肪酸 代表的な油脂
飽和脂肪酸  一価不飽和系油   エネルギー源
細胞構成分
パルミチン酸
オレイン酸など
ラード・オリーブ油
パーム油・肉・卵
不飽和
脂肪酸
オメガ(ω)3系
脂肪酸
(α-リノレン酸)
脳・神経系
に必要
α−リノレン酸
EPA
エイコサペンタエン酸
DHA
ドコサヘキサエン酸
しそ油
青魚(イワシ・サンマ・サバ)
冬野菜(ほうれん草・
小松菜・春菊など)海草
オメガ(ω)6系
脂肪酸
(リノール酸)
成長などに
必要
リノール酸
アラキドン酸
マーガリン
紅花油・コーン油
ひまわり油
夏野菜(人参・きゅうり
(*以下、オメガ3系脂肪酸=α−リノレン酸と称します。)
どの脂肪酸も人間の身体にとっては必須のものですが、リノール酸が大半の食品に含まれている
のに比べ、
α−リノレン酸を含む食品は少なく、特に野菜ばなれ、魚ばなれの現代人には
不足しがちな油脂なのです。


リノール酸の必要量は体重60kgの人で一日、ご飯2杯半、食パン2枚、卵1個で十分に摂れます。 これに、肉、炒め物の油、ドレッシング、おやつなどが加わって、普通の食生活でも必要量の
7〜8倍は摂っていることになります。

αリノレン酸のパワー
なぜ、すごいの? 様々な予防効果って? 頭がよくなる!?
最近の研究でわかってきた事に、
リノール酸の摂りすぎが、
脳梗塞、心筋梗塞、ガン、アレルギー疾患などを促進させるのに対して、

α−リノレン酸はこれら疾病を予防し、改善し、しかも脳の働きを良くする

といったことがわかってきました。
 《α−リノレン酸に含まれるDHAの活躍の謎》
 α−リノレン酸を構成する脂肪酸には「α−リノレン酸」のほかに
 「EPA」エイコサペンタエン酸 と 
「DHA」ドコサヘキサエン酸 
 があります。
 
この
2つの脂肪酸が大活躍するのです。

DHAの効果のしくみ

α−リノレン酸に含まれるEPAもまた「血栓を作らなくさせる」という大きな特徴を持ち、血液中の中性脂肪の値を下げる力を持っています。
このようにα−リノレン酸(オメガ3系脂肪酸)はDHAとEPA、ダブルの力によって様々な効果を発揮、生活習慣病を予防し、脳の働きをよくするのです。
 オリーブオイルの栄養成分
*ビタミンA *ビタミンD *ビタミンK *ビタミンE 
*植物性スクワランなど乾燥肌に潤いを与える成分が含まれおり、
 特に含有量の多いビタミンEは、脳やお肌の老化防止作用があります。

 そして人の皮脂を作っている脂肪酸に最も多く含まれている
 オレイン酸が主成分ですので、お肌の代謝を改善する効果があります。
  
 そのオレイン酸には、悪玉コレステロールだけを減少させる効果や心筋梗塞、脳梗塞などの
 予防効果があり、便通改善の効果もあります。
 
 そのほかにも、ポリフェノールによる抗酸化作用があります。

リノール酸摂りすぎの弊害
現在の食生活に油料理は欠かせないものとなっています。
炒め物、揚げ物、ドレッシング、マーガリン、etc.,それに加えて加工食品、外食食品には、
たくさんのリノール酸が含まれています。

ひと昔前はリノール酸はコレステロールを下げ、健康に良いとされてきました。

しかし、最近の研究で摂りすぎること免疫細胞が働きにくくなり、アレルギー疾患や
動脈硬化、心臓の病気などを誘発するなどの弊害があることがわかりました。

これがリノール酸神話の崩壊
です
Q:なぜ悪いの?
A:リノール酸には「アラキドン酸」という生理活性物質が含まれています。
 この
アラキドン酸は血液を固まりやすくする働きがあります。
Q:ガンを促進させる理由は?
A:リノール酸に含まれる「アラキドン酸」から作られる

プロスタグランディンE2は人間が本来持っている免疫機能を低下させるだけでなく、
ガンを増殖させる作用を持つ。

 逆に
DHAはプロスタグランディンE2を正常に保つ働きがある=ガン抑制

Q:アレルギー疾患が起こりやすくなる理由は?
A:「アラキドン酸」から作られるロイコトリエンがアレルギー症状をより起こしやすくする。
 以上のように、リノール酸(オメガ6系脂肪酸)とα−リノレン酸(オメガ3系脂肪酸)には
その働きに大きな違いがあることがわかっていただけたでしょうか?  

 まさに‘生活習慣病の陰にリノール酸’だったのです。 
 リノール酸も身体にとっては大切な役割を果しますが、日常の食生活で十分過ぎるほど
摂ることができます。
 
 その摂取過剰を押さえるためにも、また魚嫌い、野菜ばなれでα−リノレン酸を摂れない方には
是非このオリーブしそ油を使っていただきたいと思います。
 

オリーブしそ油には、α−リノレン酸が豊富に含まれています。


--樹の会がオリーブしそ油をおすすめするわけ-
-
 αリノレン酸は酸化しやすいために
・熱を加えられない
 ・保存期間が短い などの欠点がありました。

 しかし、その優れたしそ油に
 
オレイン酸のバージンオリーブ油を加え、
 
加熱しても酸化しない油に作り上げました。

 2時間のフライアー加熱テスト・長期間の酸化推移やその他のテスト結果でも
 品質の確かさは証明されてます。


 低温圧搾(コールドプレス製法)により種子を圧縮して採油してます。
 (冷えると白く濁ることがありますが、安心・安全の証拠です。)


 市販されている多くの油は、ヘキサンという工業用の溶剤を使って油を絞り出して、 高熱処理により溶剤を取り除いております。
 

注意して欲しい油脂
 「トランス脂肪酸」
トランス脂肪酸を摂り過ぎは、血液中の悪玉コレステロールを増やし、心臓病のリスクを高めるとの研究結果が公表されております。

2018年6月よりアメリカ食品医薬品局(FDA)は、
マーガリン・パン・ケーキ・クッキー・ドーナツなどの洋菓子や揚げ物に含まれることがあるトランス脂肪酸の食品への添加を原則認めないと
使用禁止勧告を
施行しました。

WHO(世界保健機関)では、2018年5月14日にトランス型不飽和脂肪酸を世界の食糧供給から撲滅するための独自ガイド「REPLACE]を発表。


世界各国でも摂取量の注意や規制が行われております。


厚生労働省、農林水産省ともに、日本人は摂取量が少ないので規制は行わないとの見解のようですが、欧米化が進んでいる日本の食卓でも注意すべき食品として考慮すべきではと思っております。

ちなみに、お隣の韓国では、2007年から製菓メーカー自ら「トランス脂肪酸ゼロ化」を宣言して目標を達成しているとのことです。

WHO「REPLACE] おおまかな概要
世界的な食糧供給から工業的に生産されたトランス脂肪酸を排除
するためのガイドラインを提供する。

トランス脂肪酸の増加は、冠状動脈性心疾患の死亡率およびリスク増加と関連しており毎年50万人以上の死亡原因となっています。
トランス脂肪酸の排除のために6項目の実施要項を提供し、政府への支援や技術的な
協力も行います。

トランス脂肪酸に関する食事への政策変更の見直し、健康的な油脂への変更、排除の
ための規制措置の立法化、消費量の変化を評価やモニタリングを行う、健康への影響に対する意識を持たせる。

Homeへもどる  ご意見・ご質問は樹の会 info@mikinokai.heavy.jp


ナビゲーション